50代シングルマザーにおすすめの副業4選

こんにちわ。アラフィフシングルマザーのchangoです。
コロナで仕事が激減し残業代がなくなった、派遣を解約された・・・。それでも子供たちの食費や学費はかかる・・・。
悩ましい方もたくさんいると思います。週末だけでもバイトしたい、空いている時間でなにかできないか。アラフィフだと探してもなかなか仕事がない。今日はそんな50代シングルマザーにおススメの副業を考えてみました。

シングルマザーが副業をする注意点はこれ

私は正社員でも副業でもなく複業を選択しています。楽しく充実していますが、副業も複業も注意することが何点かあります。

会社が副業を認めているか確認する

この確認は大事です。いくら副業が解禁されている会社が多いとはいえ、まだまだ禁止のところも多いです。
逆に、禁止のところでも収入がそんなに多くなければ大丈夫とか仕事の内容によって大丈夫な場合もありますお給料はだめだけど報酬ならOKとか抜け穴がある場合もありますので上司に相談してみるのもおすすめします。
私は正社員の時に副業とまではいかないけれどイベント収入が入っていたことがありましたが、報酬としてなら大丈夫でした。

思わぬとことからばれてしまい解雇になってしまったら大変ですし、不安に思いながらでしたらうまくいくものもいかなくなります。
しっかり確認しておいてくださいね

副業で20万以上の収入または所得があった場合は確定申告をする。

正業でも副業でも、何か収入があればきちんと申告し、相当分の納税をしなくてはなりません。
でどんな時に確定申告をするのでしょうか?
それは

  • 副業がパートまたはアルバイトであって、年間収入が20万円以上
  • 副業がパートまたはアルバイト以外であって、年間所得が20万円以上
  • 副業がパートまたはアルバイトとそれ以外の複数であって、それぞれの収入と所得の合計が年間20万円以上

のときです。

ところで収入と所得の違いはわかりますか?
会社からもらっていた給与や、パートやアルバイトで得た給与は「収入」です。お店の売上げも「収入」となります。
所得は収入から経費を引いたもの。
つまり

所得=収入-経費  です。

ですので、

  • パート・アルバイトは経費は会社が出すので収入が20万以上
  • 個人事業主的な働きの場合は自分で経費を出すので所得が20万以上

の時確定申告をするということになります。
納税は義務ですのできちんと確定申告をしましょう。そして、経費などのレシートを取っておくのをお忘れなく。

切り替えをする。

例えば家でする副業の時などはつい夢中になりがちです。
一生懸命なのは大事ですが、だらだらしてもいいことありません。
やるときはやり休む時はやすむことは大事です。
また、収入のことを考え始めるとだんだん気持ちの余裕がなくなってしまいます。
本を読む。たまには絵を見に行く。ゆっくりコーヒーを飲む。なんとなく出かけるのがいけない気になってしまってずっとパソコンに向かいっぱなし・・・ついついSNSを見てしまう、なんてことはありませんか?
こころが潤うような時間を持つ方が逆に効率的に仕事ができます。

体調管理

50代ともなればだんだん無理がきかなくなってきます。いくら収入があっても体がぼろぼろでは意味がありません。
体調管理にはくれぐれも気を付けましょう。

50代シングルマザーにおススメの副業

占い師

実は私も一時期占いでイベントに出ていたこともありました。タロット占いです。わたしは別なことに興味を持ってしまいすぐやめてしまったのですが、私の周りには占い師さんがたくさんいます。副業はもちろんのこと、そのまま占いの勉強・経験を積んで専業になった人も何人もいます。

占い師はいろんな人の悩みをきいてアドバイスをするお仕事です。なのでいろいろな経験をした強さが活かせる仕事だと思います。

占いをするだけでなく、占いの講座をすることも可能です。最初はモニターで経験を積んでイベント参加する方が私の周りには多いのですが、そのほかにも電話占い師・チャット占い、ココナラなどで仕事をしている方も。
後、ご縁があれば、生命保険会社やハウジングセンターのイベントだったり、ショッピングセンターでブースをもつことも。

独学で勉強することも可能ですが、占い師スクールだったり、現役の占い師さんがやっている講座なんかもおすすめです。
身近なイベント情報でしたり、アドバイスをもらえるので心強いです。

占い師は年をとってもできる仕事です。逆に経験を経ていくことでスキルも信頼も増えていきます。
最初は顧客をつかむのは大変かもしれませんが、一生モノの仕事だと思います。

私は体験だけでしたが、教わったこともある先生をご紹介します。
知識が半端なく、1万人以上の鑑定経験もあるかたです。とても楽しい講座です。入門講座もあるのでお勧めです。

ウェブライター

Web用の記事を書く仕事です。
パソコンが使えて文章さえ書ければ未経験でもできますが、最初は安い単価の案件が多く、最初は時間もかかると思いますので割に合う仕事ではないかもしれません。
それでもコツコツ続けていけば単価は上がっていきますし、コツをつかめば所要時間も短くなっていきます。年齢を経て得た知識が役に立つこともあるお仕事でもあると思います。
また、紹介があれば継続的に仕事をもらう可能性もありますので今までの人脈が役立つことも。
現に、私はウェブライティングを全く考えていなかったときに、サイトを立ち上げるから記事を10本5000円で書いてほしいと頼まれたことがあります。10本5000円は安いようですが、そこから上がっていくとのことだったので受けておけばよかったなと今では思います。
また、ここで書くコツをつかめばアフィリエイトブログなど始めてみることもいいと思います。
アフィリエイトも初めは全く収入にはならないと思いますが勉強しながら始めていけば少しづつ収入は増えていきます。
どちらも続けることでスキルが身につき収入も上がっていく。独り立ちも可能な副業の一つです。

アクセサリー・雑貨販売

手づくりが好きなら作ったものをcreemaなどのネットショップで販売したり、ハンドメイドマルシェなどで販売してもいいかもしれません。最初はフリーマーケットなどで販売したりしていくと、ネットワークがつながってイベントを紹介されるようになっていきます。中にはそこからオーダーを受けたりする人もいます。
私の友人でも最初は教室でカバンづくりしていて、それをイベントで販売していくうちに人気になり、講師もやりつつ作品作りをしていって代官山などのお店においてもらうようになった人もいます。

ホームページ作成(ウェブデザイナー)

最後におススメするのはホームページ制作です。
50代からホームページ制作なんてと思うかもしれませんが、今はホームページはワードプレスで作ることが多く、だいぶハードルが低くなっています。もちろん仕事にするには勉強が必要ですがコツコツ作業が好きな方なら可能だと思います。意外と友達から仕事受けることもありますし、紹介されることも。そこから経験を積みながらココナラとかで仕事を受けていってもいいかもしれません。1本作って5万から10万くらいの収入にはなります。このサイトでも初心者向けの作り方をご紹介していきますので参考にしてくださいね。まずはブログを書くための自分のホームページを作ってみるなどしてチャレンジしてみてください。

まとめ

今回4つのお仕事をご紹介しました。50代だからこその仕事、50代でもできる仕事。
先日4つの働き方をご紹介しましたが、複業をすることはこの先大事になってくるかもしれません。

そのときのために、スキルを付ける仕事をする、という選択はいかがでしょうか?


  • URLをコピーしました!
目次